糸かけ曼荼羅

糸かけ曼荼羅とは?
素数を元にピンに糸を順番にかけていくと
美しい幾何学模様が出来上がります
もともとシュタイナー教育で
素数を学習する為に学習方法として始まった
糸かけ曼荼羅ですが
今では精神を落ち着かせる為
ストレス解消
うつ病の改善の為に
制作するという方もいらっしゃいます

また
ピンを打つ作業が男性性
糸をかけていく作業が女性性を表し
両方を行う事で 自身の中の
男性性と女性性のバランスを取るとも
言われています


20×20 48ピン 又は 64ピン
参加費 3,000縁 (材料費込み)
フラワーオブライフ曼荼羅は、追加料金500縁


30×30 88ピン
参加費 5,000円 (材料費込み)


アロマティックチャクラ曼荼羅
30×30
参加費 10,000円 (材料費込み)

sorcière

〜色と香りのアロマジックサロン〜 ・アロマトリートメント ・よもぎ蒸し ・ボタニーペインティング ・糸かけ曼荼羅 ・キャンドル

0コメント

  • 1000 / 1000